早いうちからの歯科矯正について考える

早いほうがいい?子どもの歯列矯正ウソホント

子どもの歯科矯正、いつから始めるのが正解か

お子さんの歯並びが気になったことはないでしょうか。笑ったときにちらりと覗く歯がなんだか気になるくらい不揃い。一本だけ目立っている歯がある。歯が不揃いで咀嚼の音や、噛み合わせが気になる。そんなことはないでしょうか。
そんな歯の並びに不安のあるお子さんには、子供のうちから歯科矯正を受けたほうがより効果的なのをご存知でしょうか?
子供のうちから矯正を始めることで綺麗な口元で成長して行くことができます。
小さい頃から歯科矯正を行うことで手に入るのは綺麗な歯並びです。大人になる前、つまり歯並びが悪くなる原因から治すことができるのです。また歯並びが綺麗であることは、虫歯や歯周病などの歯の病気の予防につながります。
さらに、綺麗な噛み合わせは成長する中で顎の成長にも良い影響を与えます。顎は噛む力、顔の骨格、滑舌などさまざまなところへ影響を与えるのです。
しかも顎の骨に関しては成長してからの歯の矯正では間に合わず、骨の外科手術をしなければ治すことができない場合もあります。
子供のうちからの歯科矯正をする事で歯から、口の中から健康な生活を送るきっかけが手に入るのです。
けれど実際に子供の矯正をする。と決めた時にどのくらいの年齢から始めたらいいのか、どれくらいの期間がかかるのか、子供に無理をさせることにはならないのか、費用はどれくらい掛かるのか、そんな色々な疑問が湧いてくると思います。
ひとつひとつ子供の歯科矯正について考えていきましょう。