>

歯科矯正は実はかなりの費用がかかる!

治療も費用もさまざま!

子供の歯科矯正にもその治療方法は様々です。一期治療、二期治療でも矯正の方法は変わっていきます。しかも治療方法によってかなりかかる費用には差があります。
一期治療ではもっとも多くマウスピースを使った治療が行われます。顎や、歯並びの状態に合わせた治療が可能で、取り外しが可能なことで、負担が少なく一番子供の矯正治療に適していると考えられています。
このマウスピースを使用した治療にかかる金額が大体10万円程度です。
一期治療ではプレートを使用し顎の成長を促すプレート治療も主体として行われています。こちらには幅はありますが30万から60万とマウスピースと比べてもかなり高額な費用がかかります。
さらに、二期治療ではよく大人の矯正でも用いられる留め具とワイヤーを使用したブラケット矯正が行われます。こちらはなんと50万から70万の一期治療からさらに高額な費用がかかります。

費用を抑える方法

早いうちから行う子供の歯科矯正について、費用的に考えると早めに始めた方がお得なのではないかということが分かってきました。
歯科矯正は大人が治療を受けても基本的には健康保険の適用外となります。それは子供が受ける場合も変わりありません。しかし、いくつか治療を受ける上で補助が出る場合もあります。
まず、顎の骨のバランスが崩れる顎変形症と診断されるともちろん健康保険の適用内になります。また医師の診断で機能上の問題で矯正が必要と判断されると医療控除の対象になります。そして矯正治療であっても治療費と通院にかかる交通費の合計は年で10万を越えるとこちらも医療控除の対象となります。
医療控除の申請には領収書の提出が必要ですので、しっかりとした管理が求められますね。


この記事をシェアする