>

歯科矯正を子どもにする時の親の役割

親のフォローが大切

早いうちからの子どもの歯科矯正について、もちろん気をつけていかなければならないこともあります。
大人の歯科矯正と違い子どもの歯科矯正には親の手助けが欠かせません。
特にマウスピースなど子供の歯科矯正には取り外して使うものがあります。その手入れを怠ってしまうと、せっかくの矯正が虫歯や他の病気の原因になってしまいます。
もちろん矯正器具をつけている歯の手入れも欠かせません。ワイヤーなどの周りはより丁寧なお手入れが求められます。
子供にとってはとても手入れがめんどくさいと思うこともあるでしょう。しっかりと意味のある矯正にするには日々のお手入れや子供のモチベーションを保つために親のしっかりとした手助けが求められます。

矯正が終わっても油断大敵

歯科矯正を子供のうちからしておけば絶対に大丈夫という訳ではありません。
顎の骨格が出来上がり、永久歯に生え変わっても定期健診などはきちんと行くように気をつけてください。
せっかく子供のころからの矯正で綺麗な歯並びを手に入れたのに少しの油断でそれが無駄になってしまうかもしれません。
特に気をつけたいのが「親知らず」です。矯正していても、永久歯のさらにあとから生える親知らずが意図せずそれが歯並びを変えてしまうことがあります。
そうなれば、せっかくの矯正が台無しになってしまいます。最悪また最初から矯正し直しになることもあります。その前に、きちんと矯正が終わってからも歯はしっかりと定期的に健診が求められます。


この記事をシェアする